関節や腰の痛み、美容にもおすすめ|コンドロイチンとグルコサミンの相乗効果とは

コンドロイチンは体内で重要な役割を担っています。人間の関節の中にはコンドロイチンが存在しますが、加齢とともに減少していきます。そのため、コンドロイチンをサプリメントなどで補う必要ガアあります。関節や腰の痛みを緩和したり、肌トラブルを解消する効果があるので積極的に利用していきましょう。
MENU

コンドロイチンとは?成分の特徴と効果

コンドロイチン,グルコサミン,効果

コンドロイチンは、健康や美容を扱う雑誌やCMに頻繁に登場する成分名ですので、知名度は高いのではないでしょうか。

 

高齢者など関節や腰の傷みに悩まされている人には、コンドロイチンのサプリメントが役立ちます。

 

コンドロイチンとは?

コンドロイチン硫酸ナトリウムが本来の呼び名であるコンドロイチンは、軟骨に多く必要とされている成分であると言われています。
コンドロイチンは体にとって大事な成分であり、特に皮膚や粘膜に多く利用されています。

 

軟骨に水分と栄養分とを供給し、老廃物を体外に出すことがコンドロイチンの機能です。

 

人体は、加齢と共に軟骨が減少し、関節痛や腰痛を引き起こしやすくなります。
体内でコンドロイチンをつくる能力は、年をとると弱まるため、体内のコンドロイチンが少なくなります。

 

減少しているコンドロイチンを何らかの方法で補うためにと、コンドロイチンサプリメントが用いられるようになりました。
関節にあるコンドロイチンが減少すると、軟骨がすり減って痛みが出るようになるため、サプリメントが重宝されます。

 

コンドロイチンは軟骨に水分を運ぶ役割があり、水分を保持することで弾力性を高める効果へと繋がります。
豊富な水分が弾力を作り出していることが、軟骨が関節の衝撃を吸収している理由です。
コンドロイチンがあるお陰で、軟骨が分解される時の酵素がちょうどいい量だけつくられており、栄養を届けたりできるのです。

 

コンドロイチンはサプリメントで接触的に摂取したい成分のひとつ

コンドロイチンは、軟骨の状態を正常に保つためになくてはならない成分だといえます。
毎日の食べ物からコンドロイチンを摂取したくても、

  • すっほん
  • うなぎ
  • オクラ
  • ヤマイモ
  • 納豆

などは、毎日摂取することはなかなか難しいです。

 

コンドロイチンは、目薬に配合されていたり、お肌の保湿に化粧品に使われたりしています。
強い保水力を有していることが、多方面に活用されており、体にとって重要な栄養成分といえます。
軟骨そして肌や髪、目の潤いや若さをキープしてくれる働きがあります。
そのため、コンドロイチンはサプリメントを利用して積極的に摂取したい成分のひとつです。


サプリメントならコンドロイチンとグルコサミンを同時に摂取できる

コンドロイチン,グルコサミン,効果

サプリメントでコンドロイチンを摂取することで、粘りのある食べ物を選ぶ手間を省くことができます。

 

また、日々の食事からグルコサミンを取り入れることはなかなか難しいですが、サプリメントを活用すれば簡単に補給することが可能になります。

 

コンドロイチンとグルコサミンの相乗効果とは

軟骨に存在する成分は、コンドロイチンだけでなく、グルコサミンも重視したほうがいいようです。

 

グルコサミンと、コンドロイチンは、一緒に飲むことで互いの効果が引き立ちます。
サプリメントでコンドロイチンを飲む時には、グルコサミン以外には、コラーゲンが良いと言われています。

 

成分の組み合わせによって、身体への効果や吸収率が変わります。

 

最近は、グルコサミンとコンドロイチンがどちらも入っているサプリメントや、吸収しやすいように動物性の成分を使ったサプリメントもあります。
関節同士がぶつかり合うなどで軟骨が摩耗したり、ダメージを負うことがあるので、コンドロイチンとグルコサミンでフォローをするようにしましょう。


関節の痛みが気になる人がコンドロイチンのサプリメントを利用する理由

コンドロイチン,グルコサミン,効果

サプリメントを用いて、コンドロイチンを補充しているという方はたくさんいるといいます。

  • 肌トラブルを解消したいと
  • 関節や腰の痛みを緩和したい

といった人達にとっても、コンドロイチンは効果的です。

 

加齢による体の機能低下は、誰しもが経験することであり、中でも関節痛の悩みを抱えている人は多いようです。年齢を重ねると、関節の軟骨が少なくなって、衝撃を吸収しきれなくなってしまいます。

 

関節同士がぶつかりあった時に、軟骨がないとクッション的な役割を果たせませんが、そのためにはコンドロイチンが必要になります。

 

関節の先は軟骨で覆われており、軟骨にはコンドロイチンが存在していて、それが衝撃を弱めてくれます。
コンドロイチンを摂取した人は、今まで強く感じていた関節の痛みが軽くなり、軟骨も以前ほどは減らなくなったりもします。

 

サプリメントで摂取するのが効率の良い方法

一部の食品にはコンドロイチンが含まれているため、食事内容を変えることは意味がありますが、常日頃から食べるというのは困難です。
サプリメントなら必要な量のコンドロイチンを手軽に摂取することができるので、食事よりもより効率の良い方法と言えます。
グルコサミンや、ヒアルロン酸を、コンドロイチンを摂取する時に一緒に体内に取り入れると吸収率がアップします。

 

サプリメントによっては、コンドロイチンの他、ヒアルロン酸や、グルコサミンも配合済みで、一緒に摂取できる商品もあります。
コンドロイチンを体内に補給することは関節の痛みを小さくするだけでなく、肌荒れが起きにくいみずみずしい皮膚になれるという利点もあります。


【関節や腰の痛み、美容にもおすすめ|コンドロイチンとグルコサミンの相乗効果とは】関連情報

このページの先頭へ